2016/07/20 14:06:20 | forum

先日、道を散歩していたらとてもビックリしたことがありました。それはとある薬局の前を通りかかったときです。その薬局の窓ガラスには「薬剤師のパート募集」という内容のはり紙がありました。それ自体は普通のことなのですが、驚いたのはその時給です。パートであるにもかかわらず時給が2000円を超えており、かなり高かったのです。

 

薬剤師の時給は高いと話には聞いていましたが、まさかそこまで高いとは思いませんでした。普通のパートなら時給は1000円超えれば御の字ですから、2000円を超えていることがいかに高額時給なのかよくわかります。しかも、その薬局は大病院のそばにあるというわけでもなく、結構ポツンとあってそんなに患者がたくさん訪れるような場所だとはどうしても思えませんでした。ただ、薬局で薬剤師として働くとなれば患者がたくさんいるかどうかは、あまり関係がないのかもしれないです。たとえどんな場所であれ薬剤師としての仕事がこなせるというだけで、やはり貴重な存在なのです。

 

それだけ時給が高ければ、パートとして働くには十分過ぎる待遇です。薬剤師はそれだけ必要とされている職業ですから時給が高いにしてもそれは決しておかしくありませんが、やはり厚遇される職業だということはよくわかりました。だからといって実際に薬剤師の資格を持っている人がそこまでたくさんいるわけではないでしょうから、それだけの高時給でも応募はなかなかないのかもしれません。ただ、薬剤師の需要は十分あるということを改めて再認識しました。

2016/06/29 15:55:29 | forum

病院で診察された後に処方箋をもらい、それを薬局へ持っていくと指定された薬がもらえます。その薬をもらうとき、薬剤師から薬についての説明を結構な時間とられて受けます。それがたとえ過去に何回か服用していて用法や用量を把握している場合でも説明されますし、薬がどんな効果を持っているのかかなり詳細まで教えてくれます。

 

何回か連続でそれが続いてくるとどうしてもその説明を聞くのが、面倒になってしまいます。私としては薬をもらって早く会計を済ましすぐ帰宅したいのですが、薬を受け取るときに少し時間をとられてしまうのです。ですが、最近知ったのですが薬剤師からのその説明はとても大事な意味を持っていました。その意味とは、医師が処方した薬に間違いはないのか、薬を受け取る人は飲み方を勘違いしていないか、症状に合った薬を本当に処方しているのかの確認です。

 

そのときに薬剤師は患者と対話しながら薬の内容を確認していきますので、そうしていくことが処方するときの最終チェックになります。薬の処方で間違いがあるということはほとんどないのかもしれませんが、その確認作業があることでさらにミスを防げます。また、薬の飲み方については患者が思い込みや先入観で勘違いしていることもあるでしょうし、その説明を事前にすることがとても大切な役割として機能します。ですので、これから薬局で薬を受け取るときはしっかりと薬剤師の話を聞き、間違いがないようにしていきたいです。